防犯の第一歩|プロに任せるドアや鍵の修理|警備会社に安心して保安を任せる
警備員

プロに任せるドアや鍵の修理|警備会社に安心して保安を任せる

防犯の第一歩

男性

鍵があまりに古いタイプ

賃貸住宅で新たに入居する場合や、今までの家屋で鍵の種類があまりに古いタイプであったりする場合はぜひ新しい鍵に切り替える事をお勧めします。 賃貸住宅は新築以外は前の住人が合鍵を作って利用している事はとても多いので、必ず新しい鍵に作り替えてもらいましょう。 新しい鍵が手元に来たらおおもととなるマスターキーは紛失しないように、変形や破損を起こさないように気を配りましょう。 そして日常に使う鍵は極力変形や破損を起こさないように扱いましょう。 意外と見落としがちなのが、鍵の種類番号です。 これは合鍵を作ったりする時にどの種類で作るかを決めるデータになるので、すり減って読めなくなったりという事が無いようにしましょう。

意外と見落としがちな所

防犯上で気になるのが玄関や勝手口の他に窓などですが、2種類を使うダブルロック方式を使う事も出来ます。 他には別アイテムになりますが、後付けでサッシ部分の上もしくは下にはめこみ装着してロック操作をしたら内部から解除しないと開ける事が出来ないロックアイテムがあります。 これはじかにつけてそのままロックと解除を行うタイプと都度つけたい所にはめこんでからロックと解除を行うタイプがあります。 何種類かを比べて最も使いやすい種類を選びましょう。 使う時には外から見えづらい所に装着させるのが安全です。 玄関面ではドアチェーンの状態が意外と見落としがちになるので、これも劣化が起こっていないかをチェックしましょう。 ドアチェーンも装着部分の部材と、本体の強度も様々な種類が出ています。 ドアとの相性によっては外部から開けられやすい旧タイプがあるので、もし劣化がおこっていたら鍵と同時に交換しておくと安全です。